コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰汁色 あくいろ

色名がわかる辞典の解説

あくいろ【灰汁色】

色名の一つ。黄色みがかった灰色のこと。透明になる前の濁った灰汁のような色を表す色名で、無彩色の灰色よりも深みがある。灰汁とは焼いた黒灰くろばいなどを水や湯で溶いて、こした汁。古くはワラや木の灰を水に浸してとった上ずみ液をいい、染色の材料などに用いた。藍染あいぞめでアイに含まれるインジゴは水に溶けないが灰汁には溶ける。また色を繊維に定着させる媒染ばいせん剤でもあり、たとえば黄八丈ではツバキサカキの灰汁をもちいる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あく‐いろ【灰汁色】

灰汁1のような、灰色がかった黄色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

灰汁色の関連キーワードインジゴ無彩色色名

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android