灰汁色(読み)あくいろ

色名がわかる辞典の解説

あくいろ【灰汁色】

色名の一つ。黄色みがかった灰色のこと。透明になる前の濁った灰汁のような色を表す色名で、無彩色の灰色よりも深みがある。灰汁とは焼いた黒灰くろばいなどを水や湯で溶いて、こした汁。古くはワラや木の灰を水に浸してとった上ずみ液をいい、染色の材料などに用いた。藍染あいぞめでアイに含まれるインジゴは水に溶けないが灰汁には溶ける。また色を繊維に定着させる媒染ばいせん剤でもあり、たとえば黄八丈ではツバキサカキの灰汁をもちいる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐いろ【灰汁色】

〘名〙 灰汁の色。黒みの多い淡橙色。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android