コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰汁色 あくいろ

2件 の用語解説(灰汁色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

あくいろ【灰汁色】

色名の一つ。黄色みがかった灰色のこと。透明になる前の濁った灰汁のような色を表す色名で、無彩色の灰色よりも深みがある。灰汁とは焼いた黒灰くろばいなどを水や湯で溶いて、こした汁。古くはワラや木の灰を水に浸してとった上ずみ液をいい、染色の材料などに用いた。藍染あいぞめでアイに含まれるインジゴは水に溶けないが灰汁には溶ける。また色を繊維に定着させる媒染ばいせん剤でもあり、たとえば黄八丈ではツバキサカキの灰汁をもちいる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あく‐いろ【灰汁色】

灰汁1のような、灰色がかった黄色。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灰汁色の関連キーワードアッシュグレイ黄土色カッパーレッド黄茶黄緑シルバーグレイジャスミンイエロー茶鼠練色ローズグレイ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone