灰燼に帰す(読み)カイジンニキス

大辞林 第三版の解説

かいじんにきす【灰燼に帰す】

すっかり燃えて跡形もなく灰になってしまう。灰燼と化す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かいじん【灰燼】 =に 帰(き)す[=と 化(か)す]

焼けて原形をとどめないほどになる。あとかたもなく燃え尽きる。
※実隆公記‐文明九年(1477)一一月二二日「仙洞又化灰燼、随身所一宇相残計也」
※山吹(1944)〈室生犀星〉四「この火の手と暴風とでは都は今宵のうちに灰燼に帰するでござらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android