コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の手 ヒノテ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐て【火の手】

火事などで、燃え上がる炎。また、その勢い。「強風にあおられて火の手が強まる」
攻撃などの激しい行動やその勢いをたとえていう語。「反撃の火の手を上げる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのて【火の手】

火事で、火の燃える勢い。
(「火の手を上げる」「火の手が上がる」などの形で)行動を開始する、また、行動が開始されることをいう。 「攻撃の-を上げる」 「改革の-が上がる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火の手の関連キーワード上がる・揚がる・挙がる・挙る・騰るドキュメンタリー映画ギリシア独立戦争取り急ぐ・取急ぐ同じゅうするファイアマン福井空襲見る見るぼうっと上がる燃盛るおきく妙知焼方向改革赤赤方方

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火の手の関連情報