灸箸(読み)ヤイトバシ

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐ばし キウ‥【灸箸】

〘名〙 灸をすえるとき、もぐさをはさむ箸。桃の枝で作った。やいとばし。
※俳諧・物種集(1678)「追手八専からめて土用 宇治瀬田の灸はしをぞ引れける〈宗因〉」

やいと‐ばし【灸箸】

〘名〙 灸をすえる時、艾(もぐさ)をはさむ箸。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「取(とりふき)の屋根の輪・扇の要刻み、灸箸(ヤイトハシ)を削り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android