コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モグサ

デジタル大辞泉の解説

も‐ぐさ【×艾】

《燃え草の意》
ヨモギの葉を干し、臼でついて作る綿状のもの。灸(きゅう)を据える際に燃やす材料。焼き草。
ヨモギの別名。
艾縞(もぐさじま)」の略。

よもぎ【×艾/×蓬】

キク科ヨモギ属の多年草。山野に生え、高さ約1メートル。よく分枝し、特有の匂いがある。羽状に切れ込みのある葉が互生し、裏面に白い毛が密生。夏から秋、淡褐色の小花を多数つける。若葉を摘み、草餅(くさもち)などを作り、餅草(もちぐさ)ともよぶ。漢方では艾葉(がいよう)といい止血などに用い、葉の裏の毛をもぐさにする。ヨモギ属にはカワラヨモギオトコヨモギヤマヨモギなども含まれる。 春》「―萌(も)えおほばこの葉も遅速なく/汀女
襲(かさね)の色目の名。表は萌葱(もえぎ)、裏は濃い萌葱、または表は白、裏は青。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もぐさ【艾】

きゆうに使う、ヨモギの葉を乾燥して綿状にしたもの。
ヨモギの異名。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

艾 (ヨモギ・エモギ;モグサ;ヨゴミ;ヨムギ)

学名:Artemisia princeps
植物。キク科多年草,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

艾の関連キーワードボルタラ(博爾塔拉)自治州エビノール(艾比諾爾)湖エビ・ノール[湖]中国左翼作家聯盟柏原(滋賀県)焼き草・焼き種アイスーチートゥルファン華夷通商考痃癖・肩癖蘡薁・蝦蔓塵外楼清澄世界地理書貞佐(1)梅沢西郊後藤椿庵中根香亭職方外記能美洞庵証類本草

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

艾の関連情報