災害情報ハブ(読み)サイガイジョウホウハブ

デジタル大辞泉「災害情報ハブ」の解説

さいがいじょうほう‐ハブ〔サイガイジヤウホウ‐〕【災害情報ハブ】

災害時に国・地方公共団体・民間企業などが把握している情報を円滑に共有・活用するための基本的ルール。情報提供の主体範囲・期間・形式などを規定。また、これを通じた情報のやりとり。平成28年(2016)4月に発生した熊本地震契機に、内閣府が主導して構築推進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android