炭焼(読み)スミヤキ

  • 炭焼 (スミヤキ)

デジタル大辞泉の解説

木を蒸し焼きにして木炭をつくること。また、その人。「炭焼き小屋」 冬》「―の顔洗ひ居る流かな/鳴雪
炭火で焼くこと。また、その料理。「炭焼きステーキ」「炭焼きコーヒー」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 木を焼いて木炭を作ること。また、それを業とする人。すみたき。《季・冬》
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「これはすみやきをさへせさせ給ければ、いかに御手黒かるらん」
② (肉などを)炭火で焼くこと。また、その料理。網焼。
③ 「すみやきだい(炭焼鯛)」の略。〔当流節用料理大全(1714)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭焼の関連情報