炭酸ガス(読み)たんさんガス

化学辞典 第2版の解説

炭酸ガス
タンサンガス
carbonic acid gas

気体の二酸化炭素のことをいう.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の炭酸ガスの言及

【地球】より

…こうして中和され,陽イオンと陰イオンを含む海水が形成された。 最初にできた塩酸溶液の原始海水と共存する原始大気の主成分は炭酸ガスであった。炭酸ガスは酸性溶液には溶けないが,海水が中和されると水に溶け込み,海水中の炭酸イオンとカルシウムイオンが一緒になり,石灰岩をつくった。…

【二酸化炭素】より

…化学式CO2。俗称炭酸ガス。地球をはじめ多くの惑星の大気中に存在し,地球上では大気中に体積で約0.03%程度含まれる。…

【ブラック】より

…イギリス,スコットランドの医師,化学者。炭酸ガスの発見者として知られる。フランスのボルドー生れ。…

※「炭酸ガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭酸ガスの関連情報