植学啓原(読み)しょくがくけいげん

日本大百科全書(ニッポニカ)「植学啓原」の解説

植学啓原
しょくがくけいげん

日本で最初の体系的なヨーロッパ植物学紹介書。宇田川榕菴(ようあん)による。3巻、付図1巻。1833年(天保4)成稿、翌年初刷り本ができ、まず社中に配られてから刊行された。巻1はリンネ分類と栄養器官の形態生理、巻2は生殖器官の形態と生理、巻3は植物化学と植物生理である。付図21図のなかにはリンネの24綱図がある。伊藤圭介(けいすけ)の『泰西本草名疏(たいせいほんぞうめいそ)』(1829)は、リンネ分類の紹介にとどまったが、榕菴はヨーロッパ植物学の全体像を示そうとして『西説菩多尼訶経(ぼたにかきょう)』(1822)を書いたが、小冊子で概略を示したにすぎず、本書によってその全貌(ぜんぼう)を示した。本書は江戸後期から明治初期にかけての植物学の啓蒙(けいもう)と入門の主役となった。

[矢部一郎]

『矢部一郎訳『植学啓原』(1980・講談社)』『宇田川榕菴・李善蘭著『植学啓原/植物学』(『江戸科学古典叢書24』1980・恒和出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「植学啓原」の解説

植学啓原
しょくがくけいげん

江戸後期,宇田川榕庵 (ようあん) の植物学書
1834年刊。3巻。植物の形態・生理・分類など西洋の学問体系をとり入れ,植物学を本草学から独立させ,科学として成立させた。今日の植物学の学術用語は本書から出たものが多い。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android