コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸水素カルシウム たんさんすいそカルシウムcalcium hydrogencarbonate

世界大百科事典 第2版の解説

たんさんすいそカルシウム【炭酸水素カルシウム calcium hydrogencarbonate】

化学式Ca(HCO3)2。酸性炭酸カルシウムacid calcium carbonate,重炭酸カルシウムcalcium bicarbonateとも呼ばれるが,俗称で正しい名ではない。炭酸カルシウムは水に難溶であるが,二酸化炭素を含む水には溶ける。これは,次の反応で生じた炭酸水素カルシウムが水に可溶性であるためである。 CaCO3+H2O+CO2―→Ca(HCO3)2しかし,この溶液を加熱したり,放置蒸発させて炭酸カルシウムを析出させようとすると上の反応は逆行し,ふたたび炭酸カルシウムが沈殿するので,固体の炭酸水素カルシウムは得られない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

炭酸水素カルシウムの関連キーワード炭酸炭酸水素塩泉pH調節(ピーエイチちょうせつ)重炭酸イオン炭酸アンモニウムカルボニックアンヒドラーゼ炭酸水素アンモニウム炭酸塩鉱物炭酸水素ナトリウム鍾乳石

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android