炭飾り(読み)すみかざり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭飾り
すみかざり

炭層における石炭部分と,夾み部分の重なり方の模様。炭層は全体が石炭だけから成っていることはまれで,多くの場合厚薄いろいろの岩石層をはさんでいる。また石炭の部分も色や光沢の異なるものが層をなしている。したがって,炭層は上から下までの間に,厚さ,色,光沢などの異なる石炭部分とはさみ部分が重なり合って,一種の縞状構造をなしていることが多い。このような状態を炭層の炭飾りという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android