点・灯・燭(読み)ともす

  • とも・す

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他サ五(四)〙
灯火をつける。火を燃やす。点火する。とぼす。
万葉(8C後)一五・三六四八「海原沖辺に等毛之(トモシ)(いさ)る火は明して登母世(トモセ)大和島見む」
② 男女が交合する。とぼす。
洒落本・仮根草(1796か)三子東深結妓「ぬしゃきつひくろふせふだね、もしこの子をともす気か」
[語誌]上代から平安初期にかけては「ともす」の例しか見えないが、平安中期にm→b交替形の「とぼす」が出現し、中世には「ともす」を圧倒するまでに勢力を伸ばした。しかし、近世になると再び「ともす」が勢力を盛り返し、遂には「とぼす」を中央語から駆逐した。現在では、方言を除いて「とぼす」は見られない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android