コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為銀主義 ためぎんしゅぎ doctrine of concentrating on authorized foreign exchange bank

2件 の用語解説(為銀主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為銀主義
ためぎんしゅぎ
doctrine of concentrating on authorized foreign exchange bank

すべての対外取引のための決済を,原則として外国為替公認銀行 (為銀) を一方の当事者として行なうこと。 1998年外国為替及び外国貿易法 (外為法) の改正前まで対外取引は平時では原則自由としているものの,非常時には適切かつ効果的な規制を発動する必要があると為銀に集中させる制度を採用していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集の解説

為銀主義

外国為替取引は「外国為替及び外国貿易管理法」によって、必ず外国為替公認銀行(為銀)と行うように制限されていた。1998年4月の外為法改正により為銀主義は撤廃、外国為替取引は企業間でも自由に行えるようになった。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

為銀主義の関連キーワードSET上場株日銀預け金現物取引場外取引外国為替及び外国貿易管理法繰延べ受渡日先渡取引株式取引

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone