コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏兎 ウト

デジタル大辞泉の解説

う‐と【××兎】

《「金烏玉兎(きんうぎょくと)」の略。太陽の中に(からす)、月の中に(うさぎ)がいるという中国の伝説から》
太陽と月。日月(じつげつ)。
年月。歳月。「烏兎匆匆(そうそう)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の烏兎の言及

【当身技】より

…投げ技,固め技,当身技の3部門から成り立つ柔道の技術の一つ。当(あて),当身,当技(あてわざ)ともいう。人体の急所とされる天倒(てんとう)(頭頂部),烏兎(うと)(みけん),霞(かすみ)(こめかみ),人中(じんちゆう)(鼻下),水月(すいげつ)(みぞおち),明星(みようじよう)(下腹部),電光(でんこう)(右ひばら),月影(げつえい)(左ひばら),釣鐘(つりがね)(睾丸),ひざ関節などを,こぶし,指先,ひじなどで突いたり,こぶし,手刀などで打ったり,ひざ,蹠頭(せきとう),かかとなどでけったりして相手に苦痛をあたえ参らせる技である。…

※「烏兎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

烏兎の関連キーワード都・兎・吐・図・土・堵・塗・妬・屠・度・徒・斗・杜・渡・登・賭・途・都右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨金烏玉兎・金烏玉兔烏飛兎走・烏飛兔走烏兎匆匆・烏兔匆匆烏兎・烏兔金烏玉兎当身技深仇匆匆

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android