烏賊飯(読み)イカメシ

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いかめし【烏賊飯】


北海道、とくに函館付近の郷土料理で、いかの内臓を抜き、もち米(またはもち米とうるち米)を詰めてしょうゆ・砂糖などで甘辛く煮たもの。◇JR函館本線森駅名物の駅弁としても知られる。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android