烏集(読み)うしゅう

精選版 日本国語大辞典「烏集」の解説

う‐しゅう ‥シフ【烏集】

〘名〙
が群れ集まること。また、そのように人などがにわかに集まること。烏合
※広益熟字典(1874)〈湯浅忠良〉「烏集 ウシウ ヨリアツマル」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② 「うしゅう(烏集)の衆」の略。〔史記‐鄒陽伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「烏集」の解説

う‐しゅう〔‐シフ〕【×烏集】

からすの群れのように規律も統制もなく騒がしく集まること。「烏集の交わり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「烏集」の解説

【烏集】うしゆう(しふ)

烏合。・曹冏〔六代論〕、三尺の劍を奪ひ、烏集のを驅り、~業をす。

字通「烏」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android