コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

う【烏】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ウ(呉) オ(ヲ)(漢) [訓]からす いずくんぞ
〈ウ〉
カラス。「烏合
黒い。黒。「烏鷺(うろ)
太陽。「烏兎(うと)金烏
反問を表す助字。いずくんぞ。「烏有
〈からす(がらす)〉「明烏(あけがらす)旅烏三羽烏
[難読]烏賊(いか)烏竜茶(ウーロンちゃ)烏頭(うず)烏帽子(えぼし)烏滸(おこ)

からす【×烏/×鴉】

スズメ目カラス科カラス属の鳥の総称。全長33~61センチ。全体に黒色か、黒に灰色や白色の部分をもつ。くちばしが大きく、雑食性。南アメリカとニュージーランドを除く世界中に約40種が分布。日本では、ハシブトガラスハシボソガラスが全国に生息する。
1が黒いところから》くろうと。
1の性質から》
㋐口うるさい人。
㋑よく物忘れをする人。
㋒意地のきたない人。
㋓その辺りをうろつく人。「旅―」
物の名などに付けて、色の黒いことを表す。「―猫」「―」「―石」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

烏 (カラス)

動物。カラス科に属する鳥の総称

烏 (カラス)

学名:Takifugu rubripes chinensis
動物。フグ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

烏の関連キーワード蓬莱山人帰橋(2代)烏の頭白く馬角を生ず鳴いた烏がもう笑う「楓橋夜泊」張継闇夜に烏雪に鷺烏が鵜の真似烏の濡れ羽色ムウス砂漠那須野紙浮かれ烏石井屋烏立川焉馬濡れ羽色三足の烏金烏玉兎鷺を烏烏・鴉烏形幢烏城紬葛烏石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

烏の関連情報