コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ウ

2件 の用語解説(烏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

う【烏】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ウ(呉) オ(ヲ)(漢) [訓]からす いずくんぞ
〈ウ〉
カラス。「烏合
黒い。黒。「烏鷺(うろ)
太陽。「烏兎(うと)金烏
反問を表す助字。いずくんぞ。「烏有
〈からす(がらす)〉「明烏(あけがらす)旅烏三羽烏
[難読]烏賊(いか)烏竜茶(ウーロンちゃ)烏頭(うず)烏帽子(えぼし)烏滸(おこ)

からす【×烏/×鴉】

スズメ目カラス科カラス属の鳥の総称。全長33~61センチ。全体に黒色か、黒に灰色や白色の部分をもつ。くちばしが大きく、雑食性。南アメリカとニュージーランドを除く世界中に約40種が分布。日本では、ハシブトガラスハシボソガラスが全国に生息する。
1が黒いところから》くろうと。
1の性質から》
㋐口うるさい人。
㋑よく物忘れをする人。
㋒意地のきたない人。
㋓その辺りをうろつく人。「旅―」
物の名などに付けて、色の黒いことを表す。「―猫」「―蛇」「―石」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏の関連キーワード鳴禽類燕雀類楓鳥花鳥紅雀川烏カラス(烏∥鴉)カワガラス(河烏)コウライウグイス(高麗鶯)フエガラス(笛鴉)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

烏の関連情報