コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三尺 さんじゃく

4件 の用語解説(三尺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三尺
さんじゃく

三尺帯の略。すなわち鯨尺で3尺 (約 114cm) の長さの並幅の帯。かつては職人などがそのまましごいて一重まわりの帯とし,左右どちらかの脇結びにして用いたが,明治以後はやや長めにして子供帯として使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐じゃく【三尺】

1尺の3倍。かね尺で約91センチ鯨尺で約114センチ。
三尺手拭い」の略。
三尺帯」の略。
法律のこと。→三尺法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんじゃく【三尺】

〔一尺(約30.3センチメートル)の三倍〕
「三尺帯」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三尺
さんじゃく

三尺帯の略。一重回りの帯で長さが3尺(約91センチメートル)のもの。三尺手拭(てぬぐい)から出た名であるが、6尺の二重回りのものも三尺という。三尺帯、六尺帯は、初め木綿の手綱染めが使われたが、その後、むきみ絞り、柳絞りが用いられ、全幅をしごいて締める。また羅紗(らしゃ)や縮緬(ちりめん)、八反織などの美しいものもあった。江戸時代に三尺や六尺帯を締めるのは工匠、船人、馬子、車力などの職種の人たちであり、江戸では鳶(とび)の人たちがかならずこれを締めた。また江戸では、印半纏(しるしばんてん)を着る者は三尺を用いたが、背で結ばず、前で左か右のいずれかに片寄せて結んだ。なお、男子および子供の兵児帯(へこおび)を三尺ともいうが、本来の名称ではない。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三尺の言及

【扱】より

…扱は赤,黄,緑などの綸子(りんず)やちりめんで同色の房飾がついたものをいい,花嫁衣装の振袖の帯や,七歳児の祝着の帯の下側に畳んだ扱を巻いて左後腰で結ぶ。江戸時代,その前身が手拭と思われる三尺帯も,当初しごいて締めるところから扱帯と呼ばれた。長さが一回り3尺で職人などから始まったが,6尺となっても三尺帯と呼び,現在は子ども物の帯として残っている。…

※「三尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三尺の関連キーワードセンチ波たかさぶろう立方センチメートルセンチメートル波センチメートル毎秒センチメーター粒度ベルンハルト公式センチメートル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三尺の関連情報