なかった(読み)ナカッタ

デジタル大辞泉の解説

なかっ◦た

[連語]
《形容詞「ない」の連用形+完了の助動詞「た」。中世後期以降の語》
ある事柄が過去に存在しない意を表す。「こんなに大きな地震は―◦た」
過去のある状態・心情などを打ち消す意を表す。「あの料理はうまく―◦た」
《打消しの助動詞「ない」の連用形+完了の助動詞「た」》過去のある動作・作用を打ち消す意を表す。「なかった」は「なんだ」に代わって江戸末期ごろから用いられはじめた。「雨で外に出られ―◦た」
「今朝は一度もおまへに合は―◦たねえ」〈人・恵の花・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なかったの関連情報