コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無人倉庫 むじんそうこcomputer controlled warehouse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無人倉庫
むじんそうこ
computer controlled warehouse

自動化倉庫ともいう。倉庫の作業に情報システムを導入,倉庫業務をすべて電子計算機の集中制御によって処理するもの。リフト,コンベヤなどの自動運搬機器が制御用電子計算機に連動しており,コード番号,数量などのカードによって,品物を収納したり,取出したりすることができる。労働力不足が顕在化するなかで,無人倉庫は省力化の有力手段と認識され,製造業などで幅広い導入が始っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

無人倉庫の関連キーワード機電一体化自動倉庫省力産業

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無人倉庫の関連情報