コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動倉庫 じどうそうこautomated storage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動倉庫
じどうそうこ
automated storage

部品・材料などをスタッカーラック (荷棚) に収納して保管・管理し,出し入れコンピュータ制御により自動的に行なう倉庫FA (ファクトリーオートメーション) 用には無人搬送車へ自動的に受け渡しをする装置も含めることが多い。生産システムの柔軟性部品・材料の効率的な管理の向上のために用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

流通用語辞典の解説

自動倉庫

倉庫における荷役などの作業自動化したもので、無人倉庫ともいう。リフトやベルトコンベアなどの自動運搬機器をコンピュータと連動させて、庫内の作業を自動化・無人化して効率を高めるが、殊に低温倉庫の自動化は、苛酷な作業から人間を解放することになる。また、在庫管理面においても人力よりも確度が高くなる。コンピュータや自動運搬機器の進歩とあいまって、今後ますます自動倉庫は普及するものと思われる。また、販売データとの連動によってより合理的な在庫管理が可能となる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

自動倉庫の関連キーワードフレキシブルマニュファクチュアリングシステム小松フォークリフトビデオテーク知識集約産業搬送ロボット日本輸送機運搬機械ダイフクFMSWMS

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動倉庫の関連情報