コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無償減資 むしょうげんし

1件 の用語解説(無償減資の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

無償減資

会社の純財産を減らさずに会社の資本金額を下げることをいい、名目的減資ともいいます。欠損金を抱える会社が欠損填補を目的として減資することで、将来の利益配当を可能にすることができます。また、株価を維持したり、新株発行による増資を容易にすることで財務内容の悪化した会社を立ち直らせるといった目的で利用されます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無償減資の関連キーワード資本金株主持分人的会社詐欺更生罪剰余金逆暖簾代公称資本払込資本社内資本金制度委託者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無償減資の関連情報