コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利益配当 リエキハイトウ

大辞林 第三版の解説

りえきはいとう【利益配当】

会社・組合などで、株主・社員または組合員に、純益を分配すること。配当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利益配当
りえきはいとう
dividend

企業がその経営活動を通じてあげた利益を、出資額または出資口数に応じて出資者に分配すること。それは、代表的企業形態である株式会社の場合、配当支払形態、配当支払時期、配当の規則性、および配当の順位によっていくつかに分類される。まず配当支払形態からすると、現金配当と非現金配当に大別される。後者には、株式配当(株式分割により現金のかわりに自社の株式をもって利益配当をすること)、財産配当(商品や他社有価証券をもってする利益配当)、スクリップ配当(スクリップという一種の手形をもってする利益配当)、社債配当(社債をもってする利益配当)などがある。配当支払時期によると、期末配当と中間配当(年度中に金銭で行う利益配当)がある。配当の規則性によると、毎年度継続して規則正しく配当される普通配当、普通配当を超えて配当される特別配当、および臨時に行われる臨時配当がある。さらに配当の順位によると、優先株普通株に優先して配当を受けられる株式)配当、普通株配当、および後配株(こうはいかぶ)(普通株より後れて配当を受ける株式)配当がある。利益配当を行うには、配当可能利益がなければならない。利益があってもただちに配当可能利益があるとは限らないからである。もし過去の欠損がある場合には、まずそれを填補(てんぽ)する必要があり、さらに利益準備金を規定どおり積み立てなければならない。その後に残る利益が配当可能なものであるが、そのうちどれだけを現実に配当するかは配当政策によって左右される。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の利益配当の言及

【配当】より

…ひろく財産を一定の範囲の人に一定の基準に従って分配すること,またそうして分配した財産を配当というが,これには会社,とくに株式会社や有限会社が行う利益配当,株式会社における建設利息(商法291条)の配当,強制執行または破産手続(破産)において差押債権または破産財団をもって多数の債権者に対して割当弁済をする意味での配当,あるいは船主責任制限制度における基金の債権者に対する配当など,いろいろな場合がある。ここでは株式会社における利益配当について述べる。…

※「利益配当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

利益配当の関連キーワード株主権利確定配当議決権のない株式利益配当請求権日本生命保険無議決権株式無議決権株法定準備金単独株主権違法配当無償減資建設利息協業組合組合員社員権労働株種類株自益権配当金無配当蛸配当

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利益配当の関連情報