コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無因行為 ムインコウイ

3件 の用語解説(無因行為の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むいん‐こうい〔‐カウヰ〕【無因行為】

財産上の出捐(しゅつえん)行為において、原因(契約など)が法律上無効であっても、それ自体は有効とされる行為。例えば手形行為で、売買代金として手形を交付したときは、たとえ売買が無効とされた場合でも、手形そのものの有効性には影響しない。⇔有因行為

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むいんこうい【無因行為】

財産の移転・支出の根拠となる法律的原因(契約など)が無効・不存在であっても、財産の移転・支出自体は有効とされる行為。手形行為はその典型で、取引の安全のため、売買代金を支払う目的で手形を振り出した場合、売買が無効であっても手形行為は有効に成立する。 ↔ 有因行為

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無因行為
むいんこうい

有因行為」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の無因行為の言及

【法律行為】より

…発生する効果の種類によって,例えば贈与,売買,賃貸借契約のように一定の給付を請求できる債権を発生させるのが債権行為,所有権移転・抵当権設定のように物権の変動を生じさせるのが物権行為,債権譲渡・債務免除・無体財産権譲渡などのように物権以外の権利の処分の効果を生じさせるのが準物権行為で,後2者を処分行為ともいう。財産の出捐(しゆつえん)を目的とする行為がその原因と不可分であるかどうかにより,原因関係に影響されるものが有因行為で,手形行為のように影響されないのが無因行為である。財産の給付に対価を伴うかどうかで,売買・賃貸借のように対価を伴うのが有償行為で,贈与・使用貸借のように対価を伴わないのが無償行為である。…

※「無因行為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone