無文の太刀(読み)むもんのたち

精選版 日本国語大辞典「無文の太刀」の解説

むもん【無文】 の 太刀(たち)

紋をつけず、蒔絵(まきえ)彫刻などの装飾を施さない、公家の殿上人以上が凶事に佩用する太刀。黒漆の太刀。
平家(13C前)三「大臣葬のときもちゐる無文の太刀也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android