コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無料雑誌 むりょうざっし free magazine

1件 の用語解説(無料雑誌の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

無料雑誌

読者が無料で購読できる定期刊行の雑誌。フリーペーパーのマガジン版。広告収入で成り立つ。発行誌の総数は、住宅・就職・買い物・グルメ・催事などの各情報誌が、地域ごとに発行され、それぞれ独自に配布されているため網羅的には把握されていない。『日本のフリーペーパーガイド2006』には422誌とあるが、実数はその数倍と推定される。2004年、リクルート創刊の「R25」(創刊号60万部)はコンビニや駅など3000カ所に配置され、「雑誌をあまり買わない」25歳から30歳代前半の団塊ジュニア世代の男性が対象。1つの記事が800字、通勤電車で読み終える程度の質量。無料なのに広告は16ページ。加えて同誌は、購読者の携帯電話を活用。懸賞付きアンケートや広告ページから広告主のキャンペーンサイトへ誘導に成功し、新しいメディアミックスを実現した。

(村上信明 出版流通ライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無料雑誌の関連キーワード購読フリーマガジン増刊他誌定期刊行物読者廃刊発刊ビンゴ・カードperiodical

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無料雑誌の関連情報