無給(読み)むきゅう

  • むきゅう ‥キフ
  • むきゅう〔キフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 中世、恩給・扶持を受けていないこと。
※世鏡抄(室町末か)下「無給の輩給人の前をこし、給人は無給人の者にこされては、一生の耻也」
② 給料のないこと。給料を支払わないこと。また、給料を支払われないこと。無給金。〔日誌字解(1869)〕
※傷ついた葦(1970)〈曾野綾子〉一「修道女たちは一生涯、無給で働いているのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無給の関連情報