コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給人 きゅうにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

給人
きゅうにん

(1) 古代では,中央政府から年給を賜わった人をいう。年給とは年料給分の略で,律令制の変質,崩壊期に現れた一種の俸禄であった。 (2) 中世では,一般に幕府荘園領主から所領恩給を受けた者をいった。室町時代には,この給人を地頭とも称し,また守護から半済 (はんぜい) 分を給与された者を半済給人と呼んだ。戦国時代には,大名から恩給地を与えられて家臣となったものをいった。 (3) 江戸時代には,大名から実際に知行地を給与された上級家臣をさし,その知行地を給地といい,支配下の農民を給地百姓といった。江戸時代初期には,このような給人が知行地の農民を直接支配し,年貢額の決定,夫役の徴収,農民の処分などに関し強い権限をもっていた場合が多く,地方によっては給人が知行地に居住し,みずから知行地の一部を手作地として経営する例もあった。大名は自己の領内支配を確立するため,このような給人の恣意的な農民支配を制限し,その支配権を次第に削減していった。その際よくとられた方法は給地を与える地方知行から,蔵米を与える蔵米知行への改変であった。給地を与える制度を残す場合でも,その絶対量を減少させたり支配権にもいろいろな制限を付したり,また特定村落の指定をしないで,年貢量のみを指定したりした。このような改革は諸藩の初期藩政改革の一つの重要な問題点であった。なお,旗本の受けた知行地は,知行所と呼び給所とは呼ばなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐にん〔キフ‐〕【給人】

古代、年給を賜った人。給主。
中世、幕府・主家から恩給としての所領を与えられた者。また、領主の命を受けて領地を支配した者。給主。
江戸時代、幕府・大名から知行地あるいはその格式を与えられた旗本・家臣。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうにん【給人】

(1)9世紀後半から律令制度にもとづく食封制度の衰退にともない年給をうける人々が出てきて,その年給をうける人のことを給主あるいは給人と呼んだ。この制度はしだいに形骸化しながら江戸時代初期までつづいた。(2)一方12世紀ごろから国衙領や荘園関係の史料に官使給田,下司給,大工給,所司給などと呼ばれる給田を授けられ,そこからの税収の一部を受け,その反対給付として一定の奉仕,つまりおのおのの職務の遂行を要求される人々が見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうにん【給人】

古代、年給を与えられた人。
中世、幕府や荘園領主から給田などを与えられた人。
戦国時代、大名被官として所領を保障され在地支配を行なった武士。代官。
江戸時代、蔵米くらまいではなく知行地を与えられた武士。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

給人
きゅうにん

平安時代には年給を賜った人。鎌倉時代以降、幕府や荘園(しょうえん)領主から所領の恩給や給田を受けた人。戦国時代から江戸時代には、旗本や陪臣のうち俸禄(ほうろく)として知行地(ちぎょうち)を与えられた人をいい、地頭(じとう)、知行取り、地方(じかた)取りともいった。戦国より江戸前期の給人は、知行地および農民を直接支配し、年貢徴収、農民使役、処罰権を保持し、ときには知行地に屋敷を構えて手作り経営を行うものもいた。この知行形態を地方知行という。給人の支配権の強さは大名の領内支配権を弱めるため、藩政の確立を目ざす大名の多くは、一村を数名の給人に分割して給付したり(相給(あいきゅう)という)、給人の支配権をしだいに剥奪(はくだつ)して大名の支配権を強化し、さらに知行地を召し上げて家臣には俸禄として蔵米(くらまい)を与えるという蔵米知行に移行させた。ただし東北・九州などの外様(とざま)の大藩では地方知行が幕末まで残り、幕府でも旗本のほとんどは地方知行であった。[根岸茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の給人の言及

【石高制】より

…取米高を基準に掛り物が課せられる地域では草高は名目化されるが,通常は領内で収穫される米の総量を意味し,年貢賦課の基準となる石高である。 概(平)高(ならしだか)給人知行地の実収高を基準に,それが一定の免率(たとえば4割)で徴収されたと仮定して逆算された名目上の石高。知行高が同じならば実収も等しく公平が期せられるという理由で,近世中期にいくつかの藩で実施されたが,真のねらいは,従来の高と概高との差額を藩庫に入れ,財政の立直しをはかることにあった。…

【太閤検地】より

…豊臣政権は土免を禁止する法令を出していた。 個々の領主(給人(きゆうにん))が定める免率を百姓が納得した場合は問題ないが,不満の場合,百姓は旱水損・風損・虫害などの自然災害や,土地の生産条件が不安定なことを理由に免率の引下げを領主に嘆願したはずであり,当時における農民闘争の主要な形態は,このようにして行われる年貢減免要求であったと思われる。紛争が収拾できなければ,力関係のいかんによっては給人は譲歩・後退を余儀なくされ,個別領主権は危機にさらされる。…

※「給人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

給人の関連キーワード小牧・長久手の戦い大関弾右衛門内館元右衛門蔵米知行制ミナミ保険寛永の飢饉地方知行制守護領国制加藤光泰織田信長園田道閑相馬大作赤沢朝経城下町熊本藩蔵入地給人林改作法黒羽藩南部荘

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android