一生涯(読み)イッショウガイ

大辞林 第三版の解説

いっしょうがい【一生涯】

生まれてから死ぬまでの間。生きている間。一生。 「この感動は-忘れない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐しょうがい ‥シャウガイ【一生涯】

〘名〙 生まれてから死ぬまで。生きている間。一生。生涯。終生。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)八「一生涯に幾ばかりか著すらしってをかいではと也」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「只閑雅に一生涯(イッシャウガイ)を、おくらんとのみ愿(ねが)ひ給ふなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一生涯の関連情報