無線綴(読み)むせんとじ

百科事典マイペディア「無線綴」の解説

無線綴【むせんとじ】

本の綴じ方の一形式針金を用いず接着剤だけで接合させる。切り込み式と切断式がある。ページを十分開くことができるのが特徴で,安価なため,製本機・接着剤の発達も加わって,ますます多くの本がこの形式でつくられるようになってきている。〈あじろとじ〉もこの一種
→関連項目製本

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「無線綴」の解説

むせん‐とじ ‥とぢ【無線綴】

〘名〙 製本様式の一つ。本の中身を針金や糸でとじる代わりに、接着剤のみでを接合するとじ方。主に並製本に用いる。〔造本印刷(1948)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android