コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦頭爛額 ショウトウランガク

2件 の用語解説(焦頭爛額の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうとう‐らんがく〔セウトウ‐〕【焦頭×爛額】

《「漢書」霍光伝から》火災の予防を考えた者を賞しないで、消火のため頭髪を焦がし、額にやけどをした者に賞を与えること。根本よりも末端を重視するたとえ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうとうらんがく【焦頭爛額】

〔漢書 霍光伝
火災の予防策を献ずる者は賞を与えられず、火災が起きた時に頭を焦がし額をただれさせて救った者は賞を与えられるということ。根本を忘れて瑣末さまつなことだけを重視することのたとえ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone