コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦頭爛額 ショウトウランガク

大辞林 第三版の解説

しょうとうらんがく【焦頭爛額】

〔漢書 霍光伝
火災の予防策を献ずる者は賞を与えられず、火災が起きた時に頭を焦がし額をただれさせて救った者は賞を与えられるということ。根本を忘れて瑣末さまつなことだけを重視することのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焦頭爛額の関連キーワード予防策

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android