コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然阿良忠 ねんありょうちゅう

世界大百科事典 第2版の解説

ねんありょうちゅう【然阿良忠】

1199‐1287(正治1‐弘安10)
鎌倉中期の浄土宗の僧。記主禅師。石見国の人。16歳で出家後,念仏・天台・俱舎・禅・律の諸宗を兼学し,1236年(嘉禎2)浄土宗鎮西義の弁阿弁長の弟子となった。その後東国諸国での浄土宗の教化に努め,大仏勧進聖浄光を頼って鎌倉に入り,大仏朝直の帰依を得て悟真寺(のち光明寺)を開いた。顕密体制下での浄土宗の公認をめざす妥協的な立場をとった。【細川 涼一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の然阿良忠の言及

【光明寺】より

…神奈川県鎌倉市にあり,天照山と号する浄土宗の大本山。仁治年中(1240‐43),執権北条経時が佐介ヶ谷に一宇を建立,帰依の僧然阿良忠を迎えて開山とした。初め蓮華寺また悟真寺と称したが,のち現在地に移し霊夢を得て光明寺と改めたという。…

※「然阿良忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

然阿良忠の関連キーワード五重相伝

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android