焼麩(読み)やきふ

精選版 日本国語大辞典の解説

やき‐ふ【焼麩】

〘名〙 生麩(なまふ)を焼いた食品。製法により板麩、豆麩、花麩などがある。
※尺素往来(1439‐64)「苔菽。興米。炙麩。油物等」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の焼麩の言及

【麩】より

…小麦粉を水でこね,粘りが出たところで布袋に入れて水中でもみ洗いすると,デンプンが溶出して袋の中には小麦タンパクのグルテンが残る。このグルテンをふつう〈もち麩〉といい,これを加工して各種の生麩(なまふ)や焼麩がつくられる。水中に溶出したデンプンを集めて乾燥したものが正麩(漿麩)(しようふ)で,菓子やのり(糊)の材料とされる。…

※「焼麩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android