コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生麩 ショウフ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ふ〔シヤウ‐〕【生×麩】

なまふ」に同じ。

なま‐ふ【生×麩】

小麦粉に含まれるでんぷん質を水で流し去り、残ったたんぱく質グルテンを形成したものにもち米などを加え、ゆでるか蒸すかしたもの。汁の具や煮物に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の生麩の言及

【麩】より

…小麦粉を水でこね,粘りが出たところで布袋に入れて水中でもみ洗いすると,デンプンが溶出して袋の中には小麦タンパクのグルテンが残る。このグルテンをふつう〈もち麩〉といい,これを加工して各種の生麩(なまふ)や焼麩がつくられる。水中に溶出したデンプンを集めて乾燥したものが正麩(漿麩)(しようふ)で,菓子やのり(糊)の材料とされる。…

※「生麩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生麩の関連キーワード人形(にんぎょう)揚げ麩・揚げ麸銀生麩・銀生麸焼き麩・焼き麸麩まんじゅう市橋 とし子生麩・生麸やまと人形南禅寺蒸し葛餅・葛餠紙塑人形宮古上布麩嘉饅頭桐塑人形小麦粉銀生麩麩饅頭麩・麸焼き麩葛餅

生麩の関連情報