煙煤(読み)えんばい

精選版 日本国語大辞典「煙煤」の解説

えん‐ばい【煙煤】

〘名〙 煙に混じって立ちのぼる黒い粉末。すす。油煙(ゆえん)。〔いろは字(1559)〕
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「英国中に〈略〉全国に一億噸の石炭を焼に及びたれば、豈其(あにその)烟煤の霧中に混する所歟(か)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android