コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照山正巳 てるやま まさみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照山正巳 てるやま-まさみ

1898-1924 大正時代の部落解放運動家。
明治31年11月30日生まれ。広島市の寺の住職の子。仏教大(現竜谷大)でまなぶが病気のため中退。帰郷して部落差別撤廃運動をおこす。全国水平社創立に呼応して大正12年広島県水平社を結成,初代委員長就任を前に13年5月21日病没した。27歳。名は正道(まさみち)とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

照山正巳の関連キーワード桝井 寛一大正時代桝井寛一照山正道

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android