コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊ノ平 くまノだいら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊ノ平
くまノだいら

群馬県西部安中市碓氷峠東斜面の標高約 700mにある小緩傾斜地。信越本線アプト式軌条で開通のおり,ここにスイッチバックがつくられた。 1906年熊ノ平駅が開設されたが,のちに信号所となった。 1963年アプト式の廃止と複線化によって,信号所も廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone