コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信越本線 しんえつほんせん

6件 の用語解説(信越本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信越本線
しんえつほんせん

関東地方北部と日本海岸とを結ぶ本州横断の鉄道。 JR東日本。高崎-新潟間 315.9km (しなの鉄道を含む) 。高崎から軽井沢,長野,直江津,柏崎,長岡,新津を経て新潟に通じる。 1885年に高崎-横川間を建設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんえつ‐ほんせん〔シンヱツ‐〕【信越本線】

軽井沢長野直江津長岡を経由して高崎新潟を結んだJR線。明治37年(1904)全通。平成10年(1998)の長野新幹線開業に伴い、横川・軽井沢間が廃止、軽井沢・篠ノ井間がしなの鉄道に移されたため、高崎・横川間と篠ノ井・新潟間の2区間に分かれている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

信越本線【しんえつほんせん】

高崎〜横川,篠ノ井〜長野,直江津〜新潟間のJR線。営業キロ175.3km。日本海岸に沿う部分はえちごトキめき鉄道羽越本線奥羽本線などと結んで日本海縦貫線の一環をなす。
→関連項目秋葉[区]江南[区]しなの鉄道[株]高崎線中央[区]東[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんえつほんせん【信越本線】

高崎線高崎駅を起点とし,軽井沢,長野,直江津を経由して新潟駅に至る327.1kmのJR東日本の営業線。ほかにJR貨物に属する貨物支線5.6kmがある。当初は東京と京都を結ぶ幹線鉄道(中山道線)として計画されたもので,1883年,すでに日本鉄道会社により開業していた上野~熊谷間および建設中の高崎までを経由して大垣に至る中山道幹線の建設が具体化し,同年高崎~上田間の測量が開始された。また同じ年に中山道幹線建設の資材輸送線として,直江津~上田間の建設も決定され,直江津側と高崎側から工事が開始された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんえつほんせん【信越本線】

JR 東日本の鉄道線。高崎・横川間29.7キロメートル と篠ノ井から長野・直江津を経て新潟に至る220.6キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信越本線
しんえつほんせん

関東・中部地方を走る東日本旅客鉄道の線路名称。三つの区間からなり、高崎―横川間29.7キロメートル、篠ノ井(しののい)―長野間9.3キロメートル、直江津(なおえつ)―新潟間136.3キロメートル、合計営業キロは175.3キロメートルとなる。全線が複線、直流電化。高崎から横川(横川から軽井沢はバス、軽井沢から篠ノ井までは第三セクターしなの鉄道が接続する)、篠ノ井から長野(長野から妙高高原(みょうこうこうげん)まではしなの鉄道、妙高高原から直江津まではえちごトキめき鉄道が接続する)、さらには直江津から長岡を経由して新潟に至る。ただし、信越本線が前記の区間に限定されたのは1997年(平成9)の北陸(長野)新幹線開業、2015年(平成27)の北陸新幹線延伸を経てであり、それ以前は横川―軽井沢―篠ノ井、長野―直江津の区間も信越本線に含まれていた。
 1997年以前の旧信越本線は、高崎―長野―新潟間327.1キロメートル。高崎―北長野間、黒姫―妙高高原間、直江津―新潟間が複線化されていた。高崎線と結んで長野県北部と東部、新潟県西部を関東地方と連絡し、また新潟県を縦断して、日本海縦貫線の一部を形成する。沿線には、高崎、安中(あんなか)、長野、上越、柏崎(かしわざき)、長岡、見附(みつけ)、三条、加茂(かも)、新津(にいつ)、新潟などの都市、上信越高原・妙高戸隠(とがくし)連山の両国立公園に属する多くの観光地がある。旧信越本線の中央高地を走る部分では急勾配(きゅうこうばい)区間も多く、とくに群馬・長野県境の横川―軽井沢間にはJRにおける最急勾配であった66.7‰(パーミル)勾配が存在した。かつてはこの区間は、ラックレール式鉄道のうちアプト式を採用して運転されていたが、1963年(昭和38)に新線が開業して専用機関車を補機につけて運転する粘着運転方式(レールと車輪の摩擦で推進する方式)に改められた。
 高崎―直江津間は官設の中山道(なかせんどう)鉄道の一部およびその資材輸送線として1885~1893年(明治18~26)に、直江津―新潟間は北越鉄道として1897~1904年にそれぞれ開通した。当初は東京と新潟県中・北部を連絡する役割が大きかったが、1931年(昭和6)の上越線全通によってその機能は失われた。
 1912年横川―軽井沢間(アプト式、日本国有鉄道(国鉄)における営業用電気機関車運転の最初)、1947年(昭和22)宮内―長岡間(上越線電化に伴うもの)と部分的な電化が行われたが、1962~1966年に幹線としての全線電化が完成した。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。北陸新幹線高崎―長野間(いわゆる長野新幹線)の開業(1997年10月)により、横川―軽井沢間はバスに転換し、軽井沢―篠ノ井間は第三セクターしなの鉄道に移管された。その後2015年3月の北陸新幹線の金沢延伸に伴い、長野―妙高高原間はしなの鉄道へ、妙高高原から直江津までは同じく第三セクターのえちごトキめき鉄道に移管された。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信越本線の関連キーワード上越線高崎線FM軽井沢高崎[市]群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢長野県北佐久郡軽井沢町長倉長野県北佐久郡軽井沢町発地

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信越本線の関連情報