碓氷峠(読み)うすいとうげ

日本大百科全書(ニッポニカ)「碓氷峠」の解説

碓氷峠
うすいとうげ

群馬県安中市(あんなかし)松井田町(まついだまち)地区と長野県北佐久(きたさく)郡軽井沢町(かるいざわまち)との界をなす。新旧の峠があり、旧碓氷峠は、中山道(なかせんどう)第一の天険として、東海道箱根峠と並び称せられた。『日本書紀』に碓日坂(うすひのさか)、『万葉集』に「宇須比」坂と記載されて、当時から関東平野と中央高地をつなぐ重要な峠であった。東麓(とうろく)の坂本標高502メートルなので、比高約450メートルを、8キロメートル登って峠となり、峠の西は平坦(へいたん)な高原となる。中山道には新旧があり、旧道横川(よこかわ)、坂本から北方を回り、峠町(とうげまち)地区から旧軽井沢に通じた道路で、横川に安中藩が守った碓氷関、坂本に宿駅が置かれた。新道は1883年(明治16)その南方につくられた道路で、1893年新道の北に信越本線開通し、横川―軽井沢間11.2キロメートルが66.7‰(パーミル)の急勾配(こうばい)のため、わが国では珍しいアプト式軌道によった。しかし、これは1963年(昭和38)に廃止となり、普通方式の軌道が敷設された。その後、1997年(平成9)の長野新幹線開業に伴い、信越本線の横川―軽井沢間は廃止、バス輸送に転換された。新道は国道18号となり、完全舗装の道路であるが、カーブが多く、自動車の交通量がきわめて多いので、1971年その南方に碓氷バイパス道路が開通した。峠は新緑、紅葉ともに美しく、旧道はハイキングによく、碓氷関所跡や峠町の熊野神社を訪れる者も多い。また、碓氷峠鉄道施設のうち、トンネルや橋、旧駅などが国の重要文化財に指定されている。

[村木定雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「碓氷峠」の解説

碓氷峠
うすいとうげ

群馬県西部,安中市と長野県軽井沢町との境の峠。古来中山道第1の天険といわれ,関東地方に入る要地として,東海道の箱根峠と並び称せられた。旧道は旧軽井沢から標高 1336mの峠を経て,坂本の宿駅,横川の碓氷関所に達した。 1883年旧道の南 3km,標高 956mの地点を通る道路が開け,これが改修されて現在の国道 18号線となった。次いで 1893年には,国道 18号線に近接して信越本線が横川-軽井沢間に通じ,日本最大勾配の路線区間として知られたが,1997年北陸新幹線の開通に伴い,廃線となった。峠の東側は急傾斜地が多く交通の難所であったが,1971年に横川から南へ分かれ,軽井沢の南へ出る碓氷バイパスが完成し,自動車交通は容易になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「碓氷峠」の解説

碓氷峠【うすいとうげ】

群馬・長野県境の峠。旧中山道は標高1190mの地点に通じる。《日本書紀》に日本武尊が越えた碓日坂として登場し,《万葉集》には宇須比乃佐可とみえる。889年には群盗を取り締るために碓氷関が設置されている。道中第1の天険で,関東へはいる要衝として安中藩が固めた。信越本線横川駅の西に関所跡がある。1883年新道(現国道18号)が南3kmの標高956m地点に通じた。1893年開通以来のアプト式の区間で,1912年には日本で初めて電化され,電気機関車が走ったが,アプト式は1963年廃止,複線化も完成した。1997年開通の北陸新幹線(長野新幹線)は碓氷峠トンネル(6100m)で通過する。
→関連項目安中[市]松井田[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「碓氷峠」の解説

うすい‐とうげ うすひたうげ【碓氷峠】

群馬県と長野県の境にある峠。足柄峠、箱根峠とならぶ関東地方西部の自然境界。旧道の峠は中山道第一の険所として知られ、東すそに関所があった。標高九五六メートル。碓日嶺。碓氷坂。碓日坂。碓井坂。笛吹峠。うすい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「碓氷峠」の解説

うすい‐とうげ〔うすひたうげ〕【碓氷峠】

群馬県安中市と長野県北佐久郡軽井沢町との境にある峠。標高956メートル。古くから中山道の難所として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「碓氷峠」の解説

うすいとうげ【碓氷峠】

群馬県碓氷郡松井田町と長野県北佐久郡軽井沢町との境にある峠。標高958m。峠の東麓の坂本(松井田町)は標高約500mで,峠までの直線距離約6kmの間は450mを登る難所だが,峠の西側は平たんな高原となっている。 古く《日本書紀》に,日本武尊が東国から信濃に入る時〈碓日坂(うすひのさか)〉にいたり,〈碓日嶺〉に登って弟橘媛をしのび,〈吾嬬(あづま)はや〉といったという伝説が載る。《万葉集》巻十四に〈日のに碓氷の山を越ゆる日はせなのがもさやにふらしつ〉があり,巻二十にも坂を越える歌がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の碓氷峠の言及

【峠】より

…箱根火山を越える峠は他に乙女峠(1005m),湯河原峠などいくつかあり,それぞれ東海道の裏街道(国道138号線)や間道が通過する。群馬県側から長野県の軽井沢へ越える中山道(国道18号線)の現在の碓氷峠(958m)は1885年に通じたが,古いものはその北にある峠集落の処(ところ)(1180m)と南の入山峠(1020m)とに通じていた。入山峠はその後一時廃れたが最近になって自動車専用の碓氷バイパスが通じて復活した。…

※「碓氷峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android