コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊坂磐谷 くまさか ばんこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊坂磐谷 くまさか-ばんこく

?-? 江戸時代後期の儒者。
熊坂台州(たいしゅう)の子。寛政-享和(1789-1804)ごろの人。谷文晁(ぶんちょう)らと親交があった。陸奥(むつ)伊達郡(福島県)出身。名は秀。字(あざな)は君実。通称は宇太郎,のち宇右衛門。著作に「継志編」「戌亥遊嚢」「南遊稛載録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

熊坂磐谷の関連キーワード熊坂台州儒者

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android