コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊坂台州 くまさか たいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊坂台州 くまさか-たいしゅう

1739-1803 江戸時代中期-後期の儒者。
元文4年4月23日生まれ。家は陸奥(むつ)伊達郡(福島県)高子(たかこ)村の豪農。江戸で入江南溟(なんめい),松崎観海にまなぶ。郷里に学舎海左園をもうけて教育にあたり,また窮民救済,開墾などにつくした。享和3年3月21日死去。65歳。名は定邦。字(あざな)は子彦。通称は宇右衛門。著作に「信達歌」「魚籃先生春遊記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くまさかたいしゅう【熊坂台州】

1739~1803) 江戸中・後期の儒者・漢詩人。陸奥むつの人。「西遊紀行」などのほか狂詩文「魚籃先生春遊記」をのこす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

熊坂台州の関連キーワード熊坂磐谷儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android