コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊川哲也 くまかわ てつや

2件 の用語解説(熊川哲也の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊川哲也 くまかわ-てつや

1972- 昭和後期-平成時代のバレエダンサー。
昭和47年3月5日生まれ。10歳でバレエをはじめ,昭和62年からイギリスに留学。平成元年ローザンヌ国際バレエコンクールで優勝。同年イギリスのロイヤル-バレエ団に入団し,5年プリンシパル(首席ダンサー)に昇進。10年退団し,翌年Kバレエカンパニーを設立する。17年「コッペリア」などの公演で芸術選奨北海道出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

熊川 哲也


芸名
熊川 哲也

性別
男性

生年月日
1972/03/05

干支
子年

職種
文化人

プロフィール
10歳でバレエを始め、15歳の時全国舞踊コンクールジュニア部門で4位となり、同年英国ロイヤルバレエ学校留学。1989年、若手ダンサーの登龍門である第17回ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人初の金賞受賞。同年英国ロイヤルバレエ団に東洋人として初めて入団し、バレエ団最年少(17歳)でソリストに昇進。1993年、日本人として初のプリンシパル(主演者)に昇格。1996年から1998年にはセルフプロデュース公演『Made in LONDON』を開催。世界最高峰と称される『ドン・キホーテ』のバジルを始め、数々の名演を残す。1998年の退団・独立後は、Kバレエカンパニーを創立。天才と呼ばれる才能を駆使して意欲的な活躍を国内外で続ける傍ら、同カンパニーの芸術監督としてプロデュース・演出・振付なども手がける。これまでに『ジゼル』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』などを上演、主演。国内外での有名ソリストとの共演も多い。また、1998年には、俳優として映画『F』に主演、第22回日本アカデミー賞を受賞。2002年にも映画『およう』に竹久夢二役,2003年にはドラマ『GOOD LUCK!!』の第05話に本人役でゲストとしても出演。2004年、『白鳥の湖』の演出・振り付けに対し、第3回朝日舞台芸術賞を受賞。2005年、第55回芸術選奨文部科学大臣賞(舞踊部門)受賞。2006年、Kバレエカンパニーとして『ドン・キホーテ』『くるみ割り人形』の舞台成果に対し、第5回朝日舞台芸術賞を受賞。

代表作品
バレエ『白鳥の湖』 / バレエ『シンデレラ』 / バレエ『ラ・バヤデール

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊川哲也の関連キーワード鮎川哲也阿佐田哲也米田哲也若狭熊川宿東京都福生市熊川福井県三方上中郡若狭町熊川佐賀県佐賀市富士町上熊川佐賀県佐賀市富士町下熊川亀川哲也野田哲也

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊川哲也の関連情報