熊廷弼(読み)ゆうていひつ(英語表記)Xiong Ting-bi; Hsiung T`ing-pi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊廷弼
ゆうていひつ
Xiong Ting-bi; Hsiung T`ing-pi

[生]隆慶3(1569)
[没]天啓5(1625)
中国,明末の武将。江夏 (湖北省) の人。字は飛白。号は芝崗。万暦 26 (1598) 年の進士。同 36年遼東を巡按して,ヌルハチ (奴児哈赤) の権勢,満州の興起に警告を発した。同 47年彼の警告どおり,サルフの戦いで大敗した楊鎬に代って遼東経略となった。よく防衛に努めたが,剛強な性質のため弾劾されて退き,清軍 (後金軍) が遼陽を陥れると再び起用された。しかし広寧巡撫王化貞に反対され,対策を講じえないうちに,清軍の攻撃で広寧も陥り,敗戦の責任を問われて逮捕され,処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android