興起(読み)こうき

精選版 日本国語大辞典 「興起」の意味・読み・例文・類語

こう‐き【興起】

〘名〙
物事をおこすこと。生じさせること。物事がおこること。
三国伝記(1407‐46頃か)四「此の神は天地の初め陰陽の興起(コウき)也」
② 盛んにすること。興隆させること。再興させること。盛んになること。
※箚録(1706)「家康公興起し、天子を尊び、諸方を安じ」 〔塩鉄論国病
③ 心を奮い立たせること。
信長記(1622)一上「義心興起(コウキ)せずんば、何として天下国家治むるべく候や」 〔孟子‐尽心・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「興起」の意味・読み・例文・類語

こう‐き【興起】

[名](スル)
勢いが盛んになること。また、盛んにすること。
民権を―し」〈福沢文明論之概略
奮いたつこと。
人民をして観感―せしむることは」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「興起」の読み・字形・画数・意味

【興起】こうき

感動して振い起つ。〔孟子、尽心下〕百世の上に奮ひ、百世の下、聞くせざる(な)し。人に非ずして、能く是(かく)の(ごと)くならんや。

字通「興」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android