興起(読み)こうき

精選版 日本国語大辞典「興起」の解説

こう‐き【興起】

〘名〙
① 物事をおこすこと。生じさせること。物事がおこること。
※三国伝記(1407‐46頃か)四「此の神は天地の初め陰陽の(コウき)也」
② 盛んにすること。興隆させること。再興させること。盛んになること。
※箚録(1706)「家康公興起し、天子を尊び、諸方を安じ」 〔塩鉄論‐国病〕
③ 心を奮い立たせること。
※信長記(1622)一上「義心興起(コウキ)せずんば、何として天下国家治むるべく候や」 〔孟子‐尽心・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「興起」の解説

【興起】こうき

感動して振い起つ。〔孟子、尽心下〕百世の上に奮ひ、百世の下、聞くせざる(な)し。人に非ずして、能く是(かく)の(ごと)くならんや。

字通「興」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android