遼陽(読み)リョウヨウ

百科事典マイペディアの解説

遼陽【りょうよう】

中国,遼寧省中部の都市。瀋大鉄路(瀋陽〜大連)が通る。化学繊維工業の都市として知られ,ほかに機械,石炭,製紙などの諸工業も盛ん。この地域は戦国時代に燕の北進によって漢族の定住が始まり,秦〜漢代には遼東郡の治所。遼・金代は重要な都城で,市の西にある広祐寺【せん】塔(8角13層,71.2m)はその遺跡。1621年ヌルハチが都し,日露戦争の激戦地でもある。太子河畔に〈遼陽漢墓〉が残存,石槨墓と【せん】槨墓の2種がある。石槨墓のうちには,画像石と同様の主題を描いた壁画があり,漢代絵画研究の重要資料となっている。88万人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうよう【遼陽 Liáo yáng】

中国,遼寧省中部,遼河の支流である太子河中流にある。戦国時代,燕の北進によって漢族の定住が始まり,秦・漢代には遼東郡が置かれ,遼陽は郡治の襄平県となった。東北諸民族に対峙する重要拠点で,また中国本土と朝鮮との交通の要地でもある。後漢末から三国時代には公孫氏が独立し,五胡十六国時代は慕容氏の前燕,次いで高句麗の領域となった。当時は遼東城と呼ばれたが,644年(貞観18),唐の太宗の高句麗討伐で再び漢族支配に復し,一時安東都護府が置かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうよう【遼陽】

中国、遼寧省東部の都市。綿織物・機械・セメントなどの工業が発達。付近は日露戦争の激戦地。遼・金時代には東京とうけいと称した。リアオヤン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遼陽
りょうよう / リヤオヤン

中国、遼寧(りょうねい)省中部の地級市。弓長嶺(きゅうちょうれい)など5市轄区と遼陽県を管轄し、灯塔(とうとう)市の管轄代行を行う(2016年時点)。常住人口185万8768(2010)。太子河(たいしが)中流部に沿う工業都市で、機械、化学、紡織、冶金、電子などの工業が立地する。なかでも化学繊維工業が盛んで、国内の重要な生産拠点となっている。近郊では、コウリャン、大豆、トウモロコシ、綿花、柞蚕糸(さくさんし)を産し、地下資源にも富む。[河野通博・編集部]

歴史

長城以北の東北部ではもっとも早く開けた地で、戦国時代に燕(えん)がここに遼東(りょうとう)郡を置いてから政治軍事上の要地となった。6世紀ごろには高句麗(こうくり)の領域に入り遼東城が築かれた。唐は遼州、遼・金(きん)は東京(とうけい)遼陽府を置いて遼東地方の中心とし、元は遼陽路、明(みん)は定遼都衛・遼東都指揮司を置いた。清(しん)は東京城として一時国都とし、のち遼陽県とした。中華民国時代、ロシア、日本の占領下では、遼河(りょうが)による水運の便と、東支鉄道三大駅の一駅として、交通経済の要衝で、南満州鉄道は大機関庫を設け、日本軍の駐屯司令部も置かれた。
 付近には旧跡が多く、広祐寺の白塔は金代の創建、遼陽城郭は明代の1372年の改築。日露戦争のときの両軍会戦の地としても知られる。[星 斌夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android