コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼陽 リョウヨウ

5件 の用語解説(遼陽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょうよう〔レウヤウ〕【遼陽】

中国、遼寧(りょうねい)省中東部の工業都市。紡績・機械工業や醸造業が盛ん。戦国時代から漢民族進出の拠点となり、時代は東京(とうけい)と称した。日露戦争の激戦地。人口、行政区186万(2010)。リアオヤン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遼陽【りょうよう】

中国,遼寧省中部の都市。瀋大鉄路(瀋陽〜大連)が通る。化学繊維工業の都市として知られ,ほかに機械,石炭,製紙などの諸工業も盛ん。この地域は戦国時代に燕の北進によって漢族の定住が始まり,秦〜漢代には遼東郡の治所。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょうよう【遼陽 Liáo yáng】

中国,遼寧省中部,遼河の支流である太子河中流にある。戦国時代,燕の北進によって漢族の定住が始まり,秦・漢代には遼東郡が置かれ,遼陽は郡治の襄平県となった。東北諸民族に対峙する重要拠点で,また中国本土と朝鮮との交通の要地でもある。後漢末から三国時代には公孫氏が独立し,五胡十六国時代は慕容氏の前燕,次いで高句麗の領域となった。当時は遼東城と呼ばれたが,644年(貞観18),唐の太宗の高句麗討伐で再び漢族支配に復し,一時安東都護府が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょうよう【遼陽】

中国、遼寧省東部の都市。綿織物・機械・セメントなどの工業が発達。付近は日露戦争の激戦地。遼・金時代には東京とうけいと称した。リアオヤン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遼陽
りょうよう / リヤオヤン

中国、遼寧(りょうねい/リヤオニン)省中部の地区級市。遼陽県を管轄し、灯塔(とうとう)市の管轄代行を行う。人口181万3003、市轄区人口70万9874(2000)。太子河中流部に沿う工業都市で、機械、化学、紡織、製紙などの工業が立地し、近年、合成繊維の大型工場が建設された。近郊では、コウリャン、大豆、トウモロコシ、綿花、柞蚕糸(さくさんし)を産し、地下資源にも富む。[河野通博]

歴史

長城以北の東北部ではもっとも早く開けた地で、戦国時代に燕(えん)がここに遼東郡を置いてから政治軍事上の要地となった。6世紀ごろには高句麗(こうくり)の領域に入り遼東城が築かれた。唐は遼州、遼・金は東京遼陽府を置いて遼東地方の中心とし、元は遼陽路、明(みん)は定遼都衛・遼東都指揮司を置いた。清(しん)は東京城として一時国都とし、のち遼陽県とした。中華民国時代、ロシア、日本の占領下では、遼河による水運の便と、東支鉄道三大駅の一駅として、交通経済の要衝で、満鉄は大機関庫を設け、日本軍の駐屯司令部も置かれた。付近には旧跡が多く、広祐寺の白塔は金代の創建、遼陽城郭は明代の1372年の改築。日露戦争のときの両軍会戦の地としても知られる。[星 斌夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遼陽の関連キーワード楽山遼河遼寧省鞍山営口撫順本渓遼東遼寧沙河

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遼陽の関連情報