コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊木伯典(読み)くまき はくてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊木伯典 くまき-はくてん

白井喬二(きょうじ)の小説「富士に立つ影」の登場人物。
江戸時代後期,文化のころの赤針流築城師。賛四(さんし)流の佐藤菊太郎富士の裾野で築城問答をし,菊太郎をおとしいれて勝利する。小説は人間同士の許し合いをテーマに,築城家3代,明治期にまでひきつがれた闘争をえがく長編で,大正13年から昭和2年まで「報知新聞」に連載された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android