コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷五一 くまや ごいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷五一 くまや-ごいち

1818-1882 幕末の豪商。
文化15年3月17日生まれ。長門(ながと)(山口県)奈古村の農民の子。藩命で萩(はぎ)藩御用商人熊谷家の養子となる。奇兵隊軍用金を寄付したほか,小郡(おごおり)村の製銃所建設,禁門の変の出兵,武器購入などのために多額の資金を提供,藩財政に貢献した。明治15年11月21日死去。65歳。本姓は西村。名は義右。

熊谷五一 くまがい-ごいち

くまや-ごいち

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

熊谷五一

没年:明治15.11.21(1882)
生年:文政1.3.17(1818.4.22)
幕末長州(萩)藩の討幕派に資金援助をした萩の豪商。名は義右。長門国阿武郡奈古村(山口県阿武町)の西村利右衛門の長男。萩・西田町の小林作兵衛の養子となったが,長州藩用達熊谷五右衛門(義比)が死去し,遺子が幼少であったため,万延1(1860)年に藩命によって同家の中継養嗣となった。奇兵隊軍用金の献納をはじめとし,製鉄所の建設,禁門の変,銃砲,軍艦の購入などに巨額の資金を提供して討幕派を支援した。明治7(1874)年に京都・平野神社の禰宜となったが,翌年に辞して帰萩した。<参考文献>毛利家史編纂所他編『維新功労者履歴』『維新功労者調』

(小川国治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

熊谷五一の関連キーワードフォンタネージサウド家フォンタネージボアソナード早稲田大学梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android