熊谷宣夫(読み)くまがい のぶお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷宣夫 くまがい-のぶお

1900-1972 昭和時代の美術史家。
明治33年9月2日生まれ。美術研究所で室町時代の絵画を研究し,昭和15年朝鮮総督府博物館にはいり大谷探検隊がもちかえった西域美術品を調査する。26年東京国立文化財研究所第一研究室長,43年九州芸術工大教授。昭和47年10月15日死去。72歳。山形県出身。東京帝大卒。著作に「雪舟等楊」「西域の美術」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android