コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野鳥居禅尼 くまのとりいぜんに

2件 の用語解説(熊野鳥居禅尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊野鳥居禅尼 くまのとりいぜんに

?-? 平安後期-鎌倉時代の女性。
源為義の娘。源頼朝は甥(おい)。熊野別当行範(ぎょうはん)と結婚。紀伊(きい)湯橋(和歌山県)を知行。建久5年(1194)頼朝から但馬(たじま)(兵庫県)多々良岐(たたらぎの)荘の最初の地頭に任じられ,のち紀伊佐野荘の地頭職(しき)もえた。名は丹鶴姫。通称は「たつたはらの女房」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

熊野鳥居禅尼

生年:生没年不詳
平安後期・鎌倉時代武家の女性。源為義の娘で義朝の姉。紀伊国湯橋(和歌山市)を知行していたが,建久5(1194)年8月,たっての所望がかなえられて源頼朝から但馬国多々良岐荘(兵庫県朝来町)の最初の地頭に任じられた。のち,この地頭職を養子に譲与し,承元4(1210)年,幕府もこれを承認している。その後,紀伊国佐野荘(新宮市)の地頭職も得,一期ののちは子息長詮(法橋)に相伝させた。

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊野鳥居禅尼の関連キーワード家の子郎等武家時代大宮局公円佐々木義清藤原盛景本田次郎正恒(2)源為義妻頼円(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone