コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熔岩噴泉 ようがんふんせんlava fountain

岩石学辞典の解説

熔岩噴泉

熔岩流または割れ目から液体の熔岩の噴出物がほとばしり出ること.流動性にとんだ熔岩が噴水のように空中高く噴き上げられる現象をいい,玄武岩質火山の噴火では普通に見られ,高さ数100mに達することもある.噴泉の中心部は白昼でも赤熱してみえ,夜間は美しく火の泉(fire fountain)とも呼ばれる[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

熔岩噴泉の関連キーワード熔岩流

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android